2011年1月14日 (金)

ちょっと怖い話

電気が消えてない・・・

仕事は相変わらず忙しく、事務所を出るのが一番最後
なんてことが珍しくない。

今年に入ったある夜の事。
23時くらいで気づくとフロアで最後一人になっていた。
終電の時間も迫り仕事を切り上げる事にした。
いつもの通り壁に幾つか分割設置されている照明スイッ
チを出口に向かいながらフロア奥から順番に消して行っ
た。
出口の扉の所で出入り口の最後の照明を消した。
念のため全ての消灯を確認すためにフロアを見渡すと、
何故か一番奥の一部の天井照明が点いたままだった。

「あそこだけの照明スイッチなんて在ったかな?」

この時は不思議に思った程度だった。
既にその天井照明以外は消えた薄暗いフロア奥の照明
スイッチへ向かった。

「全部スイッチはオフ・・・じゃんかぁ!

背筋にゾッゾッと悪寒が走り、慌てて全てのスイッチをON
にし照明を点けた。

気を取り直し、奥の照明のスイッチを再びひとつづつ消灯
していくと、全ての照明が消えた。。。
天井照明はブロック単位になっていて、消え残っていた天
井照明だけのスイッチはやはり無い。

「うわっ、なんてこっちゃ!!!」
「怖っえええええ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

海味工房ぬかや斉藤商店『かつお塩辛』

日本酒無しでは在りえません

高速のサービスエリアで「酒盗」でも買おうと探してみ
ると、見慣れない「鰹の塩辛」なるものが在った。
材料は塩と鰹のはらわただけ。混ぜ物が無く好感が
持てる。
Photo
味は、美味い!
が、しょっぱい。ビールではとても対抗出来ないくらい
で、直ぐに日本酒を加勢して、リトライ。
箸ひとつまみで日本酒ぐい呑み二杯てな感じになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

遠藤酒造『渓流 朝しぼり 清酒 貯蔵酒』

完全パッケージ買いです

1
酒屋にフラリと入って、そのパッケージに魅
かれて購入!
普通の新聞紙で瓶を覆い、そいつにラベル
をペタリ。
(AKB48の写真入りは関係ありませんが)

●生産県:長野県
●蔵元:遠藤酒造
●商品名:『渓流 朝しぼり 清酒 貯蔵酒』
●原料:米、米麹、醸造アルコール
●度数:20度





ぐい呑みに注ぐと、少々トロミ感があり、微かに黄色身を

帯びている。
2_2香りは薄く、爽や感も特に無い。
お味の方はといいますと、かなり

濃い。
最初に甘みがグッと来て、辛味が

グッグと来る。
乱暴な味わいという印象です。
ギンギンに冷やして呑まないと一寸

呑むのが辛いかな。

つまみは何を合わせるべきか?

てな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

マフラー替えちゃった

ファブリル工芸製チタンマフラータイプⅠ(無発色)

アルファロメオの集まりに参加する事で、色々刺激を受け
遂に愛車もマフラーを交換するに至ってしまった。

爆音系は流石に好きにはなれないので、純正に対し低音の
み音圧を上げた印象のあるファブリル工芸製のチタンマフ
ラーに交換した。
Photo_2
写真は交換をして頂いた成城タイヤさんのブログより借用
したものですが、チタンマフラーでもタイプⅠで無発色を選
んだ。
丁度GTの3.0V6風で音も似ていて、いかにも交換しまし
たと主張するところが無いのがお気に入りです。

音は若干低音が大きくなった程度で、奥さんは全くもって
交換したのが分からないと言ってますが、私としては十分
な変化量です。
1速でのレスポンスが良くなったのと、2速との繋がりでの
ショックが低減され満足してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

デンソー『イリジウムタフ VKB20』

これはNG!

アルファGTの【みんカラ】で評判の良いデンソー『イリジウム
VKB20』なる直噴エンジン用ブラグに交換をしてみた。
結果、どうも良くなくて元に戻した。

アルファGTは直噴エンジンでプラグが真っ黒になる事で有名。
その為、アイドリング時にエンジンが息継ぎするような挙動を
示す事も度々ある。
それが、このVKB20なるプラグに交換することで改善される
という評判である。

交換後のフィーリングは、まずエンジン音がレーシーな高音に
変化し好感を持つ。
走りは低速からアクセルワークにリニアに反応しスムーズな発
進となるが、アクセルオフ時のエンジンブレーキもクイックにな
りギクシャク感には慣れが必要な印象。

NGだったのは、エンジンが掛からない事である。
初回は一発でエンジン始動出来たのが、2回目以降は全く始動
が困難となった。
結局30km程累積走行後、元の純正(日本碍子製)プラグに戻
した。
Photo
驚いたけど、たった30km走行で写真の通り既に真っ黒っけっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

アルファGT(後期)ワイパーゴム交換-3

BOSCH エアロワイパー【ゴム】交換作業要領

先の記事の続きで、今回は作業要領です。
ここからは多くの方のブログで紹介されてますので、他のブ
ログをご覧になるのも参考になると思います。

①対象のエアロワイパー形状
3
取り外したワイパーブレードです。BOSCHの市販品はワイパー
アーム固定部にロゴが入ってます。
また同じBOSCHのエアロツインマルチとは異なりますので、そ
ちらとのゴム互換性は不明です。ご注意を!
※エアロツインマルチはゴム交換品が普通に売ってます。
  ----腹立たしい話です----

②取り外すエンドキャップの見極め
エンドキャップは片側のみ外します。付属のパーツも片側キャッ
プのみで、取外し結果次第では既存キャップを破損させますの
で、取り外したキャップは再利用不可と考えた方が無難です。
4
取り外すキャップは、キャップ付近のワイパーゴム部を摘んで左
右させ、ゴムが動かない方のキャップを取り外します。
※ゴムが爪で固定されている方となります(下記)。

③エンドキャップ取外し
5
写真の様にマイナスドライバを使ってコジ外すか、プライヤでひっこ抜く事になります。結構強固で抜けません!
6
取り外したキャップは写真の通りで、一箇所爪が在るだけですが本当に抜けず、この爪に当たりをつけて外すのは難しいです。
キャップを壊すつもりで外す(故に交換品にはキャップが付属されてます)。

④ゴム固定「爪」曲げ作業
7
取り外したキャップ側のブレードにはゴム固定爪があるはずです。
これをマイナスドライバーでキュッと引き上げます。
軽く引き上げる程度でゴムの爪は外れますので、この爪は再利用しますから折らないようにご注意を!
※写真は上げ過ぎくらいです。

⑤ゴム通しとゴム長合わせ
古いゴムをブレードから引き抜いた後は、新しいゴムをブレードに通します。ゴムの1段目の溝を通します(2段目は物理的に通せないので直ぐ分かります)。
8
その後、必要な長さでゴムを鋏でチョキンと切ります。
鋏で簡単に切れますよ。

⑥ゴム固定爪の戻し
ラジオペンチ等で引き上げた爪を戻します。
9
作業時は折角替えたゴム部をペンチ先で挟まないよう、ブレード部と爪部を挟むようにね。

⑦エンドキャップ取り付け
爪を戻した後、ゴムを摘んで左右に動かして固定されているか確認。
後は付属していたキャップを取り外した物と同じサイズ(形状)の方を間違わないよう選んで、ぱちりと嵌め込んで作業完了です。
※エンドキャップは運転席側(大)、助手席側(小)となります。

さすが欧州製だったのですが、購入したゴムに付属するエンドキャップですが、1セット分はエンドキャップ2種類各1個が1種類2個で誤ってました。2セット購入してるので問題は無かったのですが。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アルファGT(後期)ワイパーゴム交換-2